MEG
MENU

毎日の“おいしい”が健康をつくる。
北海道の大地を、まるごと味わう
ミューズリー誕生

MEG MUESLI(メグ ミューズリー)

おいしくて、安全・安心。
北海道産の原材料にこだわり、素材の風味を引き出しました。
ヨーグルトのトッピングに、お料理の栄養強化に、様々な用途でお使いいただけます。

オートミールの原料として知られる北海道産オーツ麦を主原料に、
道産食材だけでつくった無添加・無着色のミューズリーです。
噛むほどに広がるオーツ麦の風味と、ほんのりやさしい果汁の甘さ。
砂糖や油脂を使わずに仕上げ、素材のおいしさを引き出しました。
自然の恵みをまるごといただく、身体にも環境にも負荷をかけない北海道のシリアル。
離乳食から高齢者の介護食まで、ご家族みなさんでお召し上がりください。

ミューズリーとは?

一般的には、オートミールの原料として知られるオーツ麦をベースに、お好みでドライフルーツやナッツなどを加えて食べるシリアル食品のひとつ。栄養価が高くて食物繊維が豊富なことから、ヨーロッパでは主に朝食として日常に取り入れられているヘルシーフードです。水分でふくらむために少量で満足感を得ることができ、減量中の方や健康を意識している方におすすめの食品です。

Point 1原材料はすべて北海道産100%

北海道産オーツ麦を主原料に、道産食材だけを使って仕上げたミューズリーです。食事制限のある方の栄養食や赤ちゃんの離乳食として、美容と健康を気づかう方の栄養補助食品として、さまざまな用途でお使いいただけます。素材本来の味わいと栄養素がぎゅっと詰まった、北海道の大地の味をお楽しみください。

Point 2砂糖、オイル不使用で無添加、無着色

素材の味を生かすため、砂糖や油脂は加えていません。保存料、香料、着色料などの食品添加物はすべて無添加。ミューズリー自体に強い味がついていないため、さまざまな料理に活用できることも魅力のひとつ。そのまま味わうだけでなく、食材として調理にもお使いください。

Point 3機能性成分「プロテオグリカン」配合

注目の機能性成分「プロテオグリカン」を配合。私たち人間の身体にも存在しており、健康と若さのために欠かせない成分として知られています。北海道産鮭軟骨から抽出した天然由来の成分は、関節痛の軽減や肌の保湿などに効果が期待でき、健康や美容に気を遣われている方はもちろん、乳幼児の離乳食、高齢者の介護食、スポーツやアウトドアの際の携帯食としてもご活用いただけます。

プロテオグリカンとは?
(放射能確認試験結果クリア)

北海道産サケ由来の天然成分。人間の体内にも存在し、保水力に優れているだけでなく細胞増殖作用、抗炎症作用、免疫作用なども認められ、美容と健康に良いとされる天然成分です。

これが、メグミューズリーのチカラ

メグミューズリーの栄養価はこんなに優れています。
精白米や玄米と比べて、栄養価が高いことにご注目ください。

100gあたりの栄養素比較

1.植物性タンパク質が精白米の約2倍

メグミューズリーは高タンパク低脂肪。減量しながら筋肉をつけたい方の主食代替食品としても注目されています。

2.食物繊維が精白米の約18倍、玄米の約3倍

メグミューズリーには血中コレステロールの排出を促す水溶性食物繊維と、整腸作用の高い水溶性食物繊維が豊富に含まれています。

3.鉄が精白米の約5倍、玄米の約2倍

カルシウムが精白米の約9倍、玄米の約5倍
マグネシウムが精白米の約4倍
メグミューズリーはミネラルが豊富です。鉄分、マグネシウムは骨の健康、ホルモンバランスや自律神経の正常な働き、血液のスムーズな流れ、血圧の安定等に関わる重要な栄養素です。

4.女性に欠かせない亜鉛、ビオチンも豊富に含まれています。

亜鉛やビオチンは、皮膚や髪の毛のハリ艶に欠かせない栄養素。アトピー性皮膚炎の改善にも効果があると言われています。亜鉛は女性ホルモンの分泌を促進するはたらきがあり、女性にとって必要不可欠な栄養素のひとつです。

メグミューズリーのある生活で、健康で美しい身体づくりを。

ミューズリーを食べるとどんな効果が期待できるの?

A.少量でも満腹感が得られます。

メグミューズリーは吸水すると膨らみ、消化も緩やかなため、腹持ちがよくて満腹感が得られるシリアル。カサが増えるので、「ついつい食べ過ぎ…」なんてことも防いでくれます。

A.料理に使ってカロリーオフ。

炊きたてのごはんに混ぜたり、挽き肉料理に加えたり、スープにしたり。メグミューズリーは、いろいろな料理に混ぜて使えます。ビタミン、ミネラル、食物繊維などが強化でき、栄養バランスもぐんとアップ。シンプルで香ばしい味わいはどんな料理にも合わせやすく、味に奥行きがでます。

A.糖が脂肪に変わりにくい。

メグミューズリーは食物繊維が豊富なため、糖吸収をゆるやかにし、血糖値の上昇を抑える働きがあります。糖が体脂肪に転換されにくくなるため、痩身効果が期待できます。

メグからのレシピ提案

ミューズリー入りごはん

Rice With MUESLI

〈2人分〉
米 1合
メグミューズリー 大さじ2(約10g)

※米の量に応じてミューズリーを加えてください。

  1. 規定量の水で炊飯し、炊きあがりにメグミューズリーを入れて全体に馴染むように混ぜ、2〜3分蒸らします。
  • Point 1ミューズリーは、玄米と比べて食物繊維が約3倍、鉄分約2倍、カルシウム約5倍の栄養素を含みます。玄米が苦手な方でも食べやすい、北海道のパワーフードです。
  • Point 2炊きあがったら温かいまま小分けにし、ラップで包んで冷凍すると解凍後もおいしくお召し上がりいただけます
  • Point 3ミューズリーを加えても、白米のみの場合と味はほとんど変わりません。ごはん本来の味や食感を損なうことなく、冷めてもおいしくいただけます。
  • Point 4オーツ麦に含まれるグルテンの種類は小麦とは異なるため、小麦アレルギーをお持ちの方でも食べられる場合があります。食べてもよいかどうかの判断は、必ずかかりつけのお医者様にご相談ください。

ミューズリー入り南瓜ポタージュ

Pumpkin Potage With MUESLI

〈2人分〉
南瓜(皮付き) 150g
メグミューズリー 大さじ1.5(約8g)
牛乳 150cc
バター 6g
塩 小さじ1/3~1/2(お好みで)
水 適量
シナモン、生クリームなど お好みで
A・・・砂糖 小さじ1、みりん 小さじ1

  1. 南瓜を皮のままサイコロ状にカットして鍋に入れ、
    南瓜がしっかり浸る程度の水を加える。
  2. 1にAの材料を加え中弱火でゆっくりコトコト煮込む。

    ※低温でゆっくり時間をかけて煮込み、南瓜のうま味を引き出します。

  3. 鍋の水が減り、南瓜がとろんと柔らかくなったらいったん火を止めて、
    マッシャーやへら等でしっかりとつぶす。
  4. 3の鍋に牛乳、バター、塩、メグミューズリーを加えて再び点火し、
    中弱火で鍋底が焦げ付かないようによくかき混ぜながら煮込む。
  5. 材料がすべて馴染んだら、お好みで塩、砂糖等で味を調節し完成。

    ※シナモンや生クリームを入れてもおいしくなります。

  • Point 17ヶ月以降の乳幼児の離乳食や、高齢者の介護食にも適しています。
    その場合は、皮は除いてなめらかになるまでしっかりとすり潰すことをおすすめします。
  • Point 2南瓜の皮にはβカロテン、食物繊維が豊富に含まれています。
    よく洗って皮ごと使用すると、おいしさも栄養もアップ。

ミューズリー入りハンバーグ

Hamburger With MUESLI

〈2人分〉
合い挽き肉 200g
玉ねぎ(みじん切り) 100g
A・・・メグミューズリー 大さじ4(約20g)、牛乳 40cc

(調味料)
コンソメスープ 30cc
塩 2g
ナツメグ 少々
ケチャップ、ウスターソース、胡椒 適量
油 少々
水 少々

  1. Aの材料を混ぜ合わせ、メグミューズリーに牛乳を含ませる。
  2. ボウルに挽き肉、みじん切りにした玉ねぎ、1の材料、その他の調味料を加え、
    ねばりが出るまでよくこねる。
  3. 2を二等分し、厚さ3cm位の楕円形に成形。フライパンに油をひいて中火で焼き、
    片面に軽くこげ色がついたらひっくり返して裏面を焼く。
  4. 両面にこげ色がついたら、フライパンのハンバーグが半分隠れるくらいの水を注ぎ、
    ふたをして蒸し焼きにする。
  5. フライパンの水分が完全になくなる手前で火を止め、器にハンバーグを移す。
  6. フライパンに残った肉汁にケチャップとウスターソース、
    胡椒等をお好みで加え、軽く煮つめてソースを作る。ハンバーグにかけて完成。
  • Point 1パン粉の代わりにメグミューズリーを使用することで、食物繊維、鉄分、カルシウム等の栄養素が強化できます。
  • Point 2厚めに成形し、両面を焼いてから蒸し焼きにするとジューシーでふっくらとしたハンバーグに仕上がります。

ミューズリー入りパンケーキ

Pancakes With MUESLI

〈2人分〉
ホットケーキミックス 150g
メグミューズリー 大さじ2(約10g)
牛乳 100cc
卵 1個
油 適量

  1. 材料をすべて混ぜ合わせ、
    油を熱したフライパンに流し入れて中火で両面を焼く。
  • Point 1冷蔵庫で15分ほど休ませることで、生地とメグミューズリーがよく馴染みます。冷えた生地を高い位置からフライパンに垂らすように流し入れると、生地が空気を含んでふっくら焼き上がります。